AliExpress 個人輸入 買ってよかった 歯のホワイトニングにはCrestと青色LEDライト

AliExpress 個人輸入 買ってよかった 歯のホワイトニングにはCrestと青色LEDライト

AliExpressで約2500回、トータル約1000万円の買い物をしてきたAli兄さんです。

 

今までAliExpressで買い物してきた中で、毎月欠かさず買っているものがあります。

それは、歯を白くするセルフホワイトニングに関する商品です。

いわゆる消耗品で、私自身が体感しているので絶対的にオススメできます。

「芸能人じゃなくても歯が命」ですよね😌

 

歯を美白にする魔法の3点セット+α

Crest 3Dホワイト歯みがき粉

メルカリやQoo10でもすっかりお馴染みのクレストですが、審美歯科大国のアメリカで最も使用されているホワイトニング歯みがき粉として有名ですよね。

主な成分はフッ素と研磨剤で、日本の一般的なホワイトニング歯磨き粉と全く同じ成分です。

そして意外なことに、漂白成分として効果がある『過酸化水素』は全く含まれていません。

毎日の歯磨きで1日3回、『過酸化水素』でブラッシングすると、さすがのアメリカ人でもダメージが大きいんでしょうね。

 

Crest ホワイトニングテープ

週末や大切な日に合わせて使用しているのが、クレストのホワイトニングテープです。

クレストの歯磨き粉とは成分が違うので毎日は使いません。

成分の中に、日本では市販が禁止されている『過酸化水素』(hydrogen peroxide)が入っているので、毎日使用すると歯にも歯茎にも良くないんです。

毎日使うと知覚過敏になっちゃいますね。

歯医者やクリニックでも、『過酸化水素』を用いての毎日のホワイトニングはNGなはずです。

 

青色LEDライト

歯のホワイトニングと言えば、これですね。

歯医者やクリニックなどでも照射されている、アレです。

『酸化チタン』に光触媒作用を起こさせる為の、必須アイテムです。

 

ホワイトニングジェル『パールクチュール』

昔に比べて、歯のホワイトニングに関する歯みがき粉って多くなりましたよね。

でも、一体どれが効果があるのかよくわからないし、迷う…。

皆さん、同じような悩みを抱えてませんか?

私のお気に入り『歯を美白にする3点セット+α』の+αが、この『パールクチュール』です。

これはAliExpressで購入ではなく、日本のネット通販で定期購入している商品です。

数あるホワイトニング歯みがき粉の中で、なぜこれを使用しているのか。

それは、成分の中にクレストでは補えない、酸化チタン』が入っているからです。

また、ポリリン酸ナトリウムメタリン酸ナトリウム、そしてヒドロキシアパタイトも入っているのでホワイトニングに用いる主要成分を考えると、ほぼ完璧です。

 

使い始めたきっかけ

私は幼少期から歯の歯列矯正をやっていて、どうしても歯の白さとは無縁の人生でした 。

大人になってからは、喫煙とコーヒー、ワインのステインで拍車がかかって、とても自信のある歯ではなかったです…。

いつかはお金を貯めてホワイトニングのクリニックに行きたい!って気持ちも、結局は通う時間がないんですよね。

お金と時間に余裕がある生活って…、無理(笑)

 

それでも、AliExpressを始めてからは、まずはクレストの歯みがき粉を試してみて、

「えっ…。なんとなく白くなってる。…気がする。」

から始まって、クリニックを真似して青色LEDライトを購入しました。

そして、ちょっとだけ奮発して、クレスト ホワイトニングテープを購入して、最終的に行き着いた先がホワイトニングジェルの『パールクチュール』です。

クレストの歯みがき粉だけでもダメ。

青色LEDライトだけをいくら照射したところで意味がない。

この4つを組み合わせる事によって、今のわたしの歯の白さがあるんだなって実感してます。

ホワイトニングって結局、科学なんですよね。

”広告の派手さ”や”成分がオーガニック”などで判断せず、科学的根拠に基づいてホワイトニングをすると、本当に歯が白くなっていくので、毎日の鏡チェックが楽しくなりますよ♪

 

ホワイトニングとは?の疑問を科学的根拠に基づき考察してみる

日本と欧米の違い

日本のホワイトニング歯磨き粉→研磨作用で着色をこすり落とす。

海外のホワイトニング歯磨き粉→研磨作用+漂白作用で着色を分解して落とす。

日本人の歯→エナメル質が薄く弱く、象牙質の黄ばんだ色が表面に出る。

欧米人の歯→エナメル質が厚くしっかりしていて、エナメル質の白さが目立つ。

歯質はどうしようもないですが、歯みがき粉選びは重要です。
宣伝広告などに惑わされず、含有成分を確認して本当にホワイトニング効果がある物を購入したいですね。
 

ホワイトニングに使用する薬剤の違い

歯医者やクリニック→医薬品の『過酸化水素』や『過酸化尿素』

セルフホワイトニング→重曹やポリリン酸、炭酸カルシウム、メタリン酸

クリニックのホワイトニングでは、主に『過酸化水素』『過酸化尿素』が主成分の薬剤を使って歯を漂白しています。

この2つは医薬品なので、歯科医師や歯科衛生士がいないクリニックでは取り扱いが禁止です。

「自宅でセルフホワイトニングの時も使用したらダメってこと?」

そうです。ここがポイントなんです。

セルフホワイトニングで使用する薬剤は、主に重曹ポリリン酸炭酸カルシウムメタリン酸などで、市販のホワイトニング歯みがき粉にも配合されている成分です。

これらは汚れを除去する成分で、漂白成分ではありません。

「なるほど〜。日本で使用されるセルフホワイトニング剤には、漂白成分が入っていないってことね。」

そうです。そうなりますね。

もしも、セルフホワイトニング用に『過酸化水素』『過酸化尿素』が入った薬剤を渡していたら、そのクリニックは違法となります。

だから、日本で市販されているホワイトニング歯みがき粉にも『過酸化水素』『過酸化尿素』が入っていないんですね。

 

酸化チタンの青色LEDライトによる光触媒作用とは?

歯医者やクリニックなどでよく見る青色LEDライトの照射。

まさに、ホワイトニングやってます感が伝わりますよね。

 

光触媒作用を用いたホワイトニングでの効果は以下の通りです。

① 汚れ分解機能
② 抗菌・殺菌機能
③ 消臭機能
④ コーティング機能

次に、光触媒の工程を分かりやすく図解で見てみましょう。

 

① ステイン(汚れ)に『酸化チタン』を吸着させ、青色LEDライトを照射する。

ステインに酸化チタンが吸着し、青色LEDライトを照射する。光触媒作用が起こる。



② 『光触媒作用』でステイン(汚れ)を浮き上がらせて除去する。

光触媒によって歯とステインの汚れを分子レベルで還元し除去。

『酸化チタン』でコーティングされる。

酸化チタンが歯の表面にコーティングされ一時的に汚れが付着しにくい状態になる。

 

青色LEDライトと『酸化チタン』の化学反応で汚れを除去する。

これは科学の力って感じで、凄く腑に落ちます。

単に青色LEDライトを、メルカリで購入するだけじゃダメっていうことですね🤭

『酸化チタン』とセットで光触媒を起こしましょう♪

 

歯を美白にする魔法の3点セット+αの上手な使い方

私なりの魔法の3点セット+αの使用例です。

 

毎日の朝

クレスト 3Dホワイト歯みがき粉

日常の歯みがき粉として、朝に使用します。

成分は日本の歯みがき粉と同じと言っても、やはりアメリカ製。パンチがあります。

『過酸化水素』は入っていないですが、入ってるでしょ?と疑いたくなります(笑)

 

平日の昼と夜

パールクチュール+青色LEDライト

パールクチュールの成分に含まれている『酸化チタン』が、青色LEDライトによって光触媒作用を起こすホワイトニング。

これぞ、自宅でクリニッククオリティの実現ですよね✨

でも、朝からゆっくり青色LEDライトを照射する時間もないし、金額的にもなるべく長持ちさせたいので、職場の昼休憩の時はブラッシング。

夜は歯に塗布して、青色LEDライトを照射後にブラッシングをしています。

パールクチュールはポケットサイズなので、職場や外出時の持ち運びが便利なんです。

お昼休憩の時、数グラムしか使わない歯磨きの為に、チューブタイプのクレストを持参は…、難ありですから😅

 

週末の夜

クレスト ホワイトニングテープ+青色LEDライト

週末だけ『過酸化水素』入りのクレスト ホワイトニングテープを使用しています。

『過酸化水素』は漂白成分で、クリニックでも隔週などに分けて使用するものなので、毎日使用するのは歯への負担を考えるとリスキーだと思うからです。

週末のリラックスタイムに、クリニックと同じ薬剤を用いてホワイトニング。最高です♪

ホワイトニングテープのコストは1回約300円で、クリニック通いと比べると超経済的です。

20分程度の照射を終えると、軽く口内をゆすいで、パールクチュール少量で軽くブラッシングして終了です。
(クレストの歯みがき粉は少々刺激が強いのでここでは使いません)

そして、鏡チェックです💫

魔法の3点セット+αにこだわる理由と使い分ける理由

歯を白くする漂白成分の『過酸化水素』、光触媒作用で必須成分の『酸化チタン』、この2成分が含有されている歯みがき粉が無い。
仮にあったとしても、『過酸化水素』を含む商品を毎日使うには歯へのダメージが心配。
日常使えるホワイトニング成分のポリリン酸ナトリウムメタリン酸ナトリウム、光触媒作用で必須成分の『酸化チタン』、この3成分が含有されているパールクチュールはベスト。
パールクチュールの商品紹介ページには全成分が表示されてあり、オーガニック成分や〇〇エキス、ホワイトニングに関係ない成分、研磨剤フリーや聞いたこともない難しそうな成分などの、誇大広告で誤魔化していない。

これらを加味すると、魔法の3点セット+α以外は考えられません。

先にも述べた通り、ホワイトニングは科学なので、私はホワイトニング効果がある成分にこだわって厳選して使っています。

そして、できるだけ歯への負担も考えているのと、金銭的な面も考えて、使い分けています。

強いて言うならば、クレストの歯みがき粉は私個人の好みで使用しているので、朝・昼・夜とパールクチュールを使うにこしたことはないと思います。

むしろ私も、できることならそうしたいと思っています😌

 

分かりやすく価格を書いておきます。

クレスト 3Dホワイト歯みがき粉(116g) 約1500円

クレスト ホワイトニングテープ 1回約300円

青色LEDライト 約500円

パールクチュール 4980円(初回特別価格 3980円)

たったこれだけで、自宅で自分の好きな時にホワイトニング効果を実感できるから、私は使い続けています。

すべて通販で、クリニック通いもしなくていいので時間の節約にもなりますし、成分も科学的根拠しかないので納得して使用できています。

 

もっと安価にホワイトニングをしたい方に

先に述べた、『光触媒』に必要な酸化チタン』だけを購入して、お手持ちの歯みがき粉に混ぜて使用すると安価にホワイトニングを試すことができます。

粉末の薬品っぽいけど、大丈夫?。

はい。特に問題はないです。『酸化チタン』は酸化鉱物の一種です。化粧品や食品などでも、日常的に使用されています。

一般の方は少々抵抗があるかもしれませんが、『酸化チタン』そのものを普段の生活で目にしないだけで、ネット検索してみればわかりますが、Amazonでも普通に販売されています。

スマホほどの大きさで、すぐに届きます。

 

リンクを貼っておくので確認してみて下さい。

 

いや、もっと普通に市販されている製品で、『光触媒』を起こせる『酸化チタン』入りの歯みがき粉はないのか!?

そうですね、そう思われている方もいらっしゃると思います。

あります。しかし、含有量が不確かなので、効果にはばらつきがあるかもしれません。

確かに、含有成分には『酸化チタン』と表記されていますが、ごく少量かもしれません。

あくまでも市販品で試してみたい方は良いかも知れませんね。

 

リンクを貼っておくので、成分表を確認してみて下さい。

『酸化チタン』が含まれている市販品の歯磨き粉です。

 

【 まとめ 】

歯の印象って凄く大切ですよね。

歯が白いと清潔感がありますし、なんとなく仕事もできそうなイメージです😄

 

私が今まで、AliExpressで散々買い物してきて見つけたクレスト、青色LEDライト。

その青色LEDライトを活かすためのパールクチュール。

全てが理にかなっていて、実感できているので、間違いなくオススメです。

できるだけ安く。

できるだけ手軽に。

できるだけ白く。

「芸能人じゃなくても歯が命」ですよね😌

気になる方は、リンクを貼っておくので各商品ページを一度ご覧になってください。

 

その前に、Crestシリーズの購入先のAliExpressに関してはこちらから。

『パールクチュール』のリンク

商品ページに進むと、より詳細がわかります。

 

『青色LEDライト』のリンク

安いだけの粗悪品は接触が悪く、ライトが点灯しなかったりします。

こちらは、私も購入経験があるショップです。

 

 

『Crest 3Dホワイト歯みがき粉』のリンク

クレスト製品は模倣品があります。

私も騙されたことがあるので、オフィシャルショップからしか購入しません。

私がいつも購入しているショップは、Top Brand店舗のオフィシャルショップです。

『Crest ホワイトニングテープ』のリンク

ホワイトニングテープは、模倣品というより、類似品が多数出品されています。

中国製の類似品を口の中に入れるほど怖いものはありません。

気をつけてください。

こちらは上記と同じ、Top Brand店舗のオフィシャルショップです。

 

最後までご覧頂きありがとうございました♪

 

タイトルとURLをコピーしました