AliExpress 紛争=Disputeして返金された実例 返品無し・セラーが異議申し立てを受け入れたケース

AliExpress 紛争=Disputeして返金された実例 返品無し・セラーが異議申し立てを受け入れたケース

AliExpressで約2500回、トータル約1000万円の買い物をしてきたAli兄さんです。

 

購入した商品に不備があった場合、紛争(Dispute)をすると思います。

しかし、AliExpressから却下されたり、返品&返金となったりしてませんか?

今回は、簡単に返金された実例を解説致します。

 

紛争の結果を左右する、セラーの評価・レビューも大切なポイント

パソコン画面パソコン画面のスマホの充電ケーブルの商品ページ

※ 画面をタップすると、商品が閲覧できます。

スマホ画面スマホ画面のスマホの充電ケーブルの商品ページ

 

今回購入した商品は、TypeC・MicroUSB・Lightningケーブルの3つのコネクターが一体となったスマホの充電ケーブルです。

価格は350円前後でした。

パソコンのトップ画面に矢印をしてますが、TopBrand店舗、フォロワー数、販売実績どれも申し分ない店舗です。

スマホの店舗情報ページの、開業日、評価、フィードバック数どれも申し分ないです。

まず、大前提で良い店舗から購入したという事がポイントです。

良い店舗=良い店主なのは想像つきますよね。

 

紛争は、まずはセラーが異議申し立てを受け入れるか否かが第一関門です。

セラーが購入者(あなた)の紛争に対して拒否すると、AliExpressが介入し判断を下します。

という事は、紛争を起こしても、セラーが異議申し立てを受け入れたならば、それで紛争は終了します。

そのためにも、なるべく評価の高い、良い店から購入しておくと、トラブル処理がスムーズに運ぶ可能性が高いという事です。

 

紛争(Dispute)の経緯

350円前後と安値でしたが、電源に繋いでも動かなかったので、まずはセラーに状況説明です。

紛争は面倒くさいので、できれば再送を願い、相談しました。

結果的には紛争をして、返金という事になりました。

では、スマホ操作の画面で、紛争の流れを見ていきましょう。

 

まずはセラーに状況を伝えて反応を見る

例え、どんな状況であっても、いきなり紛争をしかけるのはやめましょう。

何度も言ってますが、AliExpressは日本の通販ではありません。

日本みたく、『お客様は神様です』ではありません。

売り手(セラー)と買い手(ユーザー)は対等です。

 

はぁ?こっちは金払ってんだそ!💢

その気持ち、十分わかりますが、まずはセラーがどういう対応をするのか確かめましょう。

簡単に短文でいいので、例えば、

Dispute OK?

It is broken, so please resend it.

などで大丈夫です。

最初は怒らずに、あっさり聞いてみてください。

中国人は自分達の非はなかなか認めない文化なので、怒ってもこっちが疲れるだけです。

冷静に淡々といきましょう😌

 

この段階でメッセージを見てくれない、返事をくれないようなら、それはもう、紛争してもゴネるサインと思って下さい。

ある程度モラルのあるセラーなら、無視はしませんからね。

 

なぜこのような事をするのか…。

・ 紛争した場合に、セラーがどういう対応をするかの事前調査

・ 紛争せずに再発送してくれたらベスト

この2点を確認しておきましょう。

 

そして、メッセージで紛争する旨を伝え再発送するなら紛争しない旨も伝え、それでも無視したり、言い訳がましい態度をしているようであれば、紛争しましょう。

 

紛争(Dispute)をする

今回もいつも通り、セラーはなかなか非を認めなかったので紛争しました。

良い店舗から購入したので残念でしたが…。

※ 紛争理由は、各々の理由で選択してくださいね。

 

紛争画面。払い戻しのみを選択。オーダーを受け取ったを選択。

『払い戻しのみ』を選択します。

商品は受け取っているので『はい』を選択しました。

次に、紛争原因を選択しましょう。

紛争原因を選択する。品質に関する問題を選択。

第一項目は、『品質に関する問題』を選択しました。

紛争原因を選択する。性能が期待通りではない。

第二項目は、『性能は期待通りではない』を選択しました。

あとは、返金の金額と、紛争理由証拠となる画像開封動画をアップして提出です。

 

開封動画は非常に重要なポイントです。

 

紛争中のセラーの対応

紛争を起こしたら、途端にセラーからメッセージが来ました。

これはもちろん想定内です。

 

紛争後のセラーとのやり取り

白い方がセラー、青い方が私です。

私の英語自体はヘンテコかもしれませんが、意思は伝わってます😅

 

セラー

誠に申し訳ございませんが、ご不便をおかけして申し訳ございませんが、補償金として2米ドルを返金いたしますか?
低収益で販売しておりますので、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。
私たちは将来的に長期的なビジネスを運営するために良好な関係を保つことができます。
あなたが私たちの店で新しい注文を持っているならば私たちはあなたに最高の割引を与えなければなりません。
大丈夫ですか?
ご同意いただけない場合や、その他ご要望がございましたら、お気軽にご連絡ください。
ご満足いただけるよう最善を尽くしております。
あなたのニュースを待って、すべてがうまくいくことを願っています。敬具

なぜ2ドル?どうして?意味がわかりません。
私はそれを2ドルで購入していません。馬鹿にしないでください。

 

セラーが「2ドルを返金する」と言ってますが、これもあるあるです。

日本人からしたら、使えない商品、間違った商品はゴミと同じですよね?

しかし、中国人からしたら、

とりあえず、商品自体はあるでしょ?だから、全額返金は無理だよ

信じられませんが、これが中国人です。

そして、私はそれらを完全に拒否しました。

紛争後のセラーとのやり取り

セラー

すぐに紛争をキャンセルできることを願っています。
http://help.aliexpress.com/cancel_dispute.html
アカウントに傷がつきます、紛争をキャンセルした後はあなたを必ず手助けします。
心配しないで下さい。早めの返信をお待ちください。

何度も相談しました。論争の後で騒がないでください。手遅れです。

セラー

ご不便をおかけして申し訳ありませんが、払い戻しを行いました。
払い戻しには3〜20日ほどかかります。ありがとうございます。

11月5日 18:10 セラーからの最後のメッセージです。

 

セラーは自分のアカウントに傷がつくので、紛争を取り下げてくれと言っています。

これは良い店舗から購入しても起こりうる、セラーの自分勝手な主張です。

「NO!」とだけ言って、スルーしましょう。

そして、私は紛争前に、何度も再送の提案などをしていたので、「もう遅い」と進言しました。

私は自分の意思を、事前にセラーに伝えておいたので理解してくれたのか、結果的にすんなり受け入れてくれました。

 

今回のようなケースは、AliExpressが介入すると返品&返金となるケースが多いです。

返送料金は購入者が負担なので、それは避けたいですよね。

こちらの思惑通り、AliExpressが介入する前に、セラーが受理してくれたので一安心といったところです。

 

私は基本的に、紛争はなるべくしたくありません。

結果的にこっちの要求(返金)を受け入れてくれたのでよかったですが、紛争は疲れます…。

そして、AliExpressが介入しても、返品&返金となったら最悪ですしね。

 

紛争(Dispute)の結果

紛争が終了した後の、注文の詳細の画面です。

 

紛争終了後の画面

①『紛争は終了しました』の内容を確認する

紛争詳細の画面

上記の画像に書いてあるように、本来ならば、開封動画、税関告知書、セラーとのメッセージのスクショなど提出するべきです。

私が勝手に、今回はセラーが認めるだろうと思っていたので、AliExpressが介入してから証拠画像をプラスしていこうと思って横着しました…😓

(このように、AliExpressが介入後にも、証拠提出の機会はあるので問題ないです。)

 

紛争履歴の画面

紛争の履歴画面

紛争を開始して、すぐにセラーが受理してくれました。

これも、事前にセラーとやり取りしていたおかげです。

 

②『返金の情報』の内容を確認する

返金の情報画面

11月5日 18:09 返金処理が始まってます。

 

AliExpressの公式マニュアル
返金に関してのヘルプページ。返金は3−20日後に返金。

AliExpressからの返金は3〜20日の間に処理されます。

これは、購入者(あなた)の支払ったカードに対しての処理であり、カード会社から購入者(あなた)への処理ではありません。

カード会社からの返金は、カード会社の締日、支払い日などにより変わってきます。

遅いカード会社だと、2〜3ヶ月かかることも少なくありません。

「返金が遅いな」と感じたら、AliExpressよりカード会社へ問い合わせしましょう。

 

メールの確認

紛争結果のメール画面

AliExpressからのメールです。

11月5日 22:43に受信です。

ページを遡って確認して下さい。

返金処理は18:09には始まってます。

セラーが受理したのも同じタイミングなはずです。

しかし、メールが来たのは22:43です。

これほどタイムラグがあります。

基本的に、AliExpressからの連絡はタイムラグがあると想定しておきましょう。

 

【 まとめ 】

📌 いきなり紛争(Dispute)してはダメ。まずはセラーと話し合いすることが大切。

📌 セラーが「紛争を取り下げてくれ」「数ドル支払うからそれでいいだろ」などは常套句であり、気にする必要なし。拒否する。

📌 紛争(Dispute)することなく、セラーが再発送するのがベストという意識でやり取りしていく。

📌 返金が遅いと感じたら、AliExpressではなくカード会社へ問い合わせする。

 

いかがでしたか?

非常にスムーズな紛争処理の例でしたが、いくつかの要因に気づいて頂けたら幸いです。

・評価の良い店舗から購入する。

・紛争する前にセラーと話し合っておく。

これだけでも、いざ紛争となった時に展開が全然違います。

紛争は面倒くさくて嫌ですが、起こってしまったものはしょうがないので、なるべく有利に事が進むようにちょっとだけ意識しておきましょう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました