AliExpress 会員登録後のアカウント設定&住所登録のやり方

AliExpress 会員登録後のアカウント設定&住所登録のやり方

AliExpressで約2500回、トータル約1000万円の買い物をしてきたAli兄さんです。

 

新規会員登録が無事済んで、ホッと一息ついたところでしょうか。

ここからはマイアカウントの設定をやっていきましょう♪

アカウント設定(住所登録)

配送先の住所設定が一番の悩み所と思いますが、郵便局、配達業者、配達員さんが理解できれば届きます。同じ日本人ですから大丈夫です😊
※ 但し、入力漏れは絶対にNGです。
 
(以下、STEP5まであります)
マイアカウント設定
  • STEP1
    マイアカウント内の設定をタップ

    マイアカウント画面の設定をタップ
    設定をタップ
  • STEP2
    デフォルトを確認

    マイアカウント画面でデフォルトで日本対応設定になっているのを確認
    プロフィールをタップ
    配送先、通貨、言語は日本対応済み
    ※🇯🇵、JPY、日本語になっているか確認
  • STEP3
    プロフィール設定

    プロフィール設定画面
    ❶ここは本名を入力する必要無し(何度でも変更可能)
    ❷性別
    ❸後から設定変更ができないので正確に入力
    ❹商品の送付先
    ※ 設定は❶〜❹だけでOK
  • STEP4
    輸送アドレスページ

    住所登録画面
    下記の例を見てもわからない方は
    住所を英語表記にしてくれるサイト”君に届け”を参考に

    ※ 番地入力欄がページ移行するが気にせず入力

  • STEP4.5
    送付先の入力

    住所登録画面 既定として設定する
    (例)として”東京タワー”の住所を見本に
    〒105-0011 東京都港区芝公園4-2-8
    ℡ 03-3433-5111(建物名と氏名は架空)

    既定の設定にチェック➡保存

    右画面のように既定住所として確定

  • STEP4.5
    【 補足 】入力ミスの事例

    住所登録ミスの画面
    ※ 番地は入力必須
    番地入力が空欄だとエラーで保存不可

    但し、一軒家など建物名がない場合は、建物名のスペースは空欄で保存可能

  • STEP5
    好きなカテゴリーを選択

    マイアカウント画面のわたしの趣味で好きなカテゴリーを選択
    複数選択OK

以上で終了です。

しいて言うなら、あとは支払い方法のクレジットカード情報の入力ぐらいです。
これに関しては、支払い時に入力して設定保存するので現段階では気にしなくて大丈夫です。

 

設定時の注意点

📍 プロフィール設定の写真設定は、してもしなくてもどちらでもいいです。

📍 名前の設定はニックネームで問題ないですし、何度変更しても支障はありません。
気をつける点としては、リンク付き招待コードを相手が読み取った時に、ここで設定した名前が表示されます。
※ 商品の輸送時の宛名には、住所設定で入力した名前が使われるのでご安心下さい。

📍 住所設定の入力は、多少書き順が前後しても大丈夫です。理由は簡単です。配達するのは日本の配達員さんなので、多少書き順を間違っても見たらわかります。そして届きます。
※ ただし、間違って入力したとわかった場合は正しましょう。

📍 住所設定の電話番号は、日本は+81、そして先頭の0は省きます。セキュリティーの観念から、電話番号が正確に入力されているかが、当初に比べて問われるようになってきています。

もし、連絡があるとしたら宅配便(小包など)ぐらいで、郵便物に関しては基本、郵便局から電話連絡はありませんし、そこまではしてくれません。
DHLなど民間の宅配業者は在宅確認の為に電話してきたりますが、郵便局からは電話なんて一度たりともかかってきた試しがありません。

📍 お誕生日設定は、『バースデークーポン』が貰えるのと、後から設定変更ができないので正確に入力してください。

📍 配送先通貨言語は、アプリのダウンロード時にデフォルトで日本基準の設定になっているはずです。確認して下さい。

📍 通知の設定は最初は全てオンにしておくのが良いと思います。うざいぐらいに通知が来ますが、それもAliExpressの良さと思って楽しんで下さい。
いつでも非通知に設定変更できます。

 

発送先住所を間違えて登録した場合

「配送先住所設定を間違えた、どうすればいいですか?」という質問がたまにありますが、発送の前段階ならボタン一つでキャンセルも可能ですし、セラーへメッセージで正しい発送先住所を伝えればトラブル回避できます。

住所の入力の前後が間違えたぐらいなら、日本へ届いたらなんとかなります。

ただし、住所の入力間違いや入力漏れは厳しいです。

電話番号が正しいなら、仮に住所不定や誤配送の場合、民間配送業者(FedExなど)なら連絡がある可能性は高いです。

郵便局は、電話連絡まではしてくれませんが…。

郵便物に関しては、郵便局は受取人に連絡を入れる義務がないので、連絡なしに差出人に返送します。

返送されたら追跡画面に返送と履歴が残るので、それを証拠に紛争をし、返金要求は可能です。

 

もし、発送後に住所登録を間違えたと気づいたら追跡情報にある、配送業者、もしくは、日本郵政に先に相談しましょう。

最善の策は、マイアカウント>注文>購入商品>配達情報>追跡のページにある追跡番号を見て、配送が国際郵便か民間の配送業者か見極めて、各事業所へ直接連絡するのがベストです。
 

その見極めがわからない…という問題もありますが、追跡に関してはお伝えしなくてはならない情報量が多すぎて、ここで全て開示するのは現実的ではないので、もし、どうしていいかわからない場合は、日本郵政の国際交換局に連絡しましょう。

日本郵政グループのHPに記載がある『お客様サービス相談センター』は、私の経験上、地獄なので『東京国際郵便局』へ連絡をオススメします。

大前提で、注文した商品が届かない場合、まずはセラーとやり取りして自己解決をしてほしいですが、困った時には『東京国際郵便局 国際貨物問い合わせ』は非常に助かります。

日本郵政グループ『お客様サービス相談センター』 0120-5931-55(フリーコール)0570-046-666(携帯電話から)
『東京国際郵便局 国際貨物問い合わせ』 0120-5931-58(フリーコール)0570-064-593(携帯電話から)
追跡番号によっては、日本郵政でも追跡できない現地の追跡番号があります。
その際はAliExpressの追跡システムを利用して乗り切りましょう。
 
国際交換局に関して詳しく書いています。参考にどうぞ。
 

登録した住所の編集、変更

登録した住所の編集画面

マイアカウント➡設定➡輸送アドレス、と進んで編集できます。

登録した住所の編集画面の進み方

編集します、が2つありまますが、既定住所の下をタップしてください。

ここで、発送先の名前、住所、電話番号を変更できます。

 

【 応用編 】配送先住所の複数登録の方法

離れて暮らす家族、友人、取引先などに購入した商品を直接送りたい場合は、登録住所を追加し、その都度、既定住所へと変更すれば自ら国内発送する手間が省けます。

転売する方にとっては、購入者へ直接発送でき、国内送料が浮いて純利益が上がります。

登録できる住所は10件ですが、10件もあれば一般の方にとっては十分ですね。

複数の住所登録のやり方

標準として設定”👈すると、常にトップ表示され、既定と左上に表示が出ます。これが、選択した配送先が既定住所に決定したサインです。

商品が直接相手先に届き、自分が検品できないので中身が不良品だったりするとトラブルの原因に。出品者であるセラーとメッセージでやり取りしてからにしましょう。
 

メールアドレスの確認

会員登録後、初期段階で以下の画面のような”今すぐ確認”と表示が出ていたら、臆せずに確認しましょう。
これは単純にメールアドレスの確認作業なので3ステップをタップするだけでOKです。

マイアカウント画面に表れるメール確認の表示”Resend now”をタップ➡メールが送付

メール確認の手順受信メールからブラウザに移行

これは一定期間毎に、また、AliExpress側からメールが送付できないと認識された場合に表示されます。
 
 

【 まとめ 】

📌 アプリからだとデフォルトで日本対応になっていて設定が楽。
📌 初期設定でクレジットカード登録はしない。
📌 お誕生日設定は、後からの変更が効かないので要注意。
 
いかがでしたか?
住所登録に若干の不安がある方がいらっしゃるかもしれませんが、最初の買い物で無事届けば、それ以降は設定を触る必要もありませんし、余程の事が無い限り届くと、私的にはそう思います。
後は、商品の選定をして、クレジットカードの設定をして、購入する。という流れです。
お得なポイントバックがある『Rakuten Rebates(楽天リーベイツ)』の設定も忘れずに。
そして、気になった商品の閲覧はどんどんしていきましょう♪
AIが貴方好みの商品をどんどんピックアップしてくれます。
 
 
タイトルとURLをコピーしました